« 2015年6月 | トップページ | 2017年9月 »

2016年12月

2016年12月28日 (水)

北斗の拳 イチゴ味 ウイグル獄長のヘアスタイル

ひきつづき獄長のヘアスタイルの話題
消毒モヒカン君に河田雄志的カサンドラ最大の謎を暴露された経緯を調べるため、単行本第3巻の第26話を確認するうちに、あることに気付いた。ウイグル獄長はただヘルメットを取っていたわけではなく、取る前に角をガシャっと付けてからまた抜いて、ヘルメットを取っていた。するとそこにあの髪型が現れていたのだ。
Blog125146b
↑ヘルメットなしの状態から
Blog125146e
↑ヘルメットを付け
Blog125146a
↑角をガシャっと付ける(スピード線の向きに注意)
Blog125146f
↑少々お待ちを
Blog125146h
↑そろそろか
Blog125146c
↑今度は角をバチンと抜く(スピード線の向きに注意)
Blog125146g
↑ヘルメットを取る
Blog125146d
↑ヘアチェンジできました
 
単にヘルメットを取るたびにヘアチェンジしているのかと思ったら、角を取り付け→抜く たびにヘアチェンジできるという驚くべきギミックが施されていたのでした。
いかんせん出落ちパターンなのでスルーしていましたが、やはりカサンドラ最大の謎に河田雄志氏は挑戦していたことに、今回やっと気づいたのでありました。

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

北斗の拳 イチゴ味 第82話 聖帝としての巻 <レビュー>

最新話82話に再び獄長登場でこのブログにはめずらしく連続投稿となった。というかウイグル獄長のサンタクロースが表紙に登場!?

白髭のマッチョなサンタという設定としては割とありそうな設定だが、実際に獄長のサンタは初めて見たかもしれない。誰かがやってると思っていたが、思わず「うわ~来た~」とつぶやいてしまった。サンタがいい人だけに極悪感が相対的に高くなったのかもしれない。うちの環境ではデジタル独特の寒々しい色味になってしまったので、試しにレタッチしてみた。やっぱりサンタのコートは真紅でないと。
Blog001_4
 
ウイグル獄長をスパイしていた消毒モヒカン君、捕らえられ、あわや大鷲の餌にされそうになるが、なんと獄長があの瞳のキラキラにたじろいでしまった!すんでのところで命拾いのモヒカン君。しかし拳王親衛隊には通用しなかった。と思いきや・・・・。
きっと心の琴線に触れたんでしょうね、何というかこの話もまた「置いていかれてしまった」。これがイチゴ味の醍醐味。
 
しかし消毒モヒカン君は、そうまでして何をしに「鬼の哭くまちカサンドラ」まで来たんですかね?・・・・やっぱりシナリオの河田雄志が気になるカサンドラ最大の謎は、あれなんでしょう。

| | コメント (0)

北斗の拳 イチゴ味 第81話 聖帝観察記の巻 <レビュー>

ラオウが修羅の国へ渡航中、サウザーが悪さをしないように見張られる話。留守中といってもラオウに特定の居城の設定があったろうかと思いきや、カサンドラ監獄(まあ元々は要塞だが)に舞台が。ラオウが覇道の前段階にあらゆる拳法を強奪するため根城としたのは事実。しかし今はここを仕切っているのはご存知ウイグル獄長、久々の登場である。

ラオウの留守中にスパイが忍び込まぬよう、強張った様子で警戒を強めるウイグル獄長、居室に戻りふとヘルメットを脱いだ、その謎だった頭部にはコワモテとは対極の・・・・・で、ちょっと驚いた。でもこれは第26話ですでにやったネタだね。しかも出落ちだし。そこまでして登場させるということは、よっぽどヘルメットの下が気になっているというか、髪型が気に入っているんだろうね。
しかし、サウザーがどうしたとかどうでもいいぐらい最後の最後でぜーんぶ持って行ったのはこのコマ↓
Blog006  

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2017年9月 »